ライブカーネルアップデートサービス:
一行のコマンドで、リブートを永遠に無くします。


1サーバ当たり年間 5200 から。
AWSでKernelCareを確認する

Linuxカーネルの脆弱性に対して超高速で、自動化され、リブート不要のパッチ適用

カーネルのアップデートは、 CentOS、RHEL、Ubuntu、DebianなどのLinuxシステムのセキュリティとコンプライアンスにとって非常に重要です。脆弱性はサーバを悪意のある攻撃にさらす可能性があります。 しかし、カーネルのアップデートを適用するためにサーバをリブートすることは、IT部門にとって、フラストレーション以外のないものでもありません。パッチのアップデートを配信するために夜遅くまで作業を行い、サーバが起動しないことを心配し、パッチ適用作業を行なうメンテナンス期間について、事業部門と調整を行なうことはLinuxカーネルのセキュリティパッチ適用を遅らせることがあり、インフラストラクチャを脆弱で、非準拠な状態にしてしまいます。

KernelCareは、Linuxカーネルへのパッチ適用を簡単にします。サービスの中断や低下を招くことなく、自動かつリブート不要のアップデートでカーネルのセキュリティを維持します。実行中のカーネルに自動的に適用される様々なLinuxディストリビューション用の最新セキュリティパッチを、わずか数ナノ秒で迅速に提供します。 KernelCareは本番稼働環境とステージング環境の両方で機能し、ファイアウォールの内側に配置されているサーバに対しては、それを管理するのに役立つePortalがあります。

安全なカーネル、より安全なLinuxを手に入れるには、KernelCareでアップデートしましょう

最新のカーネルセキュリティアップデートを迅速に提供

  • サポートしているカーネル内の新しい脆弱性に対するパッチをいち早くリリース
  • サービスを中断することなく、実行中のカーネルをリブート無しにアップデート
  • XNUMX時間ごとに新しいパッチの自動チェックと適用

究極のパフォーマンスとインストール

  • 一行のコードで、簡単にリブートせずにインストール - 最新のものにアップデートするまでにたった数分です
  • 一行のコマンドでリブート無しにロールバック機能
  • アップデート中のパフォーマンスへの影響は、実質的にありません(アップデートには数ナノ秒かかるだけです)

異なるサーバや環境で動作



実行中のアプリケーションの中断はなく、脆弱なカーネルはなく、そして管理者の手間も不要

KernelCareの利点

Linuxサーバのセキュリティと安定性の最大化

  • 本番環境サーバ、またはステージング環境にインストールされたクラス最高の企業向けカーネルアップデートを活用ください。新しいセキュリティアップデートおよびエンドユーザからの高い需要に対応します。
  • セキュリティパッチとアップデートの迅速なインストールによってセキュリティの最大化を確保します。XNUMX時間ごとに、エージェントがパッチのチェックを行います。
  • ダウンタイムを回避するために確実にサーバをすべてのセキュリティアップデートプログラムで最新の状態に維持し、何カ月もサーバが脆弱性を抱えて実行するのを回避します。

ITリソースのより優れた、より費用対効果の高い管理

  • ITチームがカーネルへのパッチの適用やサーバのメンテナンスをするのではなく、より戦略的な取り組みに注力できるように解放します。
  • 事業部および様々なIT部門と拠点間に渡って、計画的なダウンタイムの調整の複雑なプランを回避します。
  • サーバのアップデートを実行するという日常的な作業を回避することで、サーバ管理の運用コストを削減します。
  • 管理されたカーネルセキュリティ - セキュリティメーリングリストをモニターしているため、管理者はそれをする必要はありません。

ビジネスに不可欠なアプリケーションとして、より恵まれているユーザ

  • カーネルのセキュリティアップデートによるアプリケーションのダウンタイムを回避し、ビジネスをより円滑に進めます。
  • システムのユーザや顧客とサーバのリブートを調整する必要がないようにします。
  • サーバ上で実行中のアプリケーションと競合しないことを確認します。

最も一般的なLinuxディストリビューション用の効果的なカーネルライブパッチサービス

KernelCareはクラウド、オンプレミス、
インターネットに直接アクセスできないサーバでも様々なサーバや環境で機能します。

KernelCareは CentOS/RHEL/CloudLinux OS 6と7、CentOS Plus 6と7、Oracle Linux RHEL-compatible6と7、UEK 3、4、6 R3、Debian 7、8&9、Ubuntu LTS 14.04、16.04、18.04、OpenVZとVirtuozzo、Proxmox VE 3、4、5、Xen4CentOS 6と7、そして他のカーネルを含めサポートしています。 詳細はこちらを参照してください。また、 カスタムのカーネルパッチ適用も可能です。
$ 2.25

500以上のライセンスを持つアカウントの場合、サーバ当たり、年間XNUMX円(税抜)です。 価格情報と購入情報は、 こちらをクリックしてください。 御見積依頼は日本国内正規代理店である GDEPソリューションズ株式会社 TEL:XNUMX-XNUMX-XNUMX / E-mail: [email protected] にお問い合わせください。 [電子メールが保護された]
「KernelCareは不可欠なサービスと見なされるようになりました。リブートが原因で発生するダウンタイムは、顧客にとっての混乱を引き起こし、そして管理者にとってはやっかいな作業となります。これらはKernelCareで簡単に回避できるのです」
Joe Oesterling氏 - Liquid Web社、最高技術責任者
事例を読む



ご質問はございますでしょうか?

KernelCareのデモをご希望、質問がある、またはお試しや購入に関するお問い合わせにつきましては、日本国内正規代理店 GDEPソリューションズ株式会社 1-800-231 、に電話をするか、[email protected] [電子メールが保護された]に電子メールを送るか、もしくは こちらのフォームに記入してください。.